園の紹介

法人名称社会福祉法人 新玉福祉会
施設名称つぼみ保育園
施設形態地域型保育事業(小規模型保育事業A型)
施設の所在地連絡先

(〒877−0000)日田市大字十二町660番20

TEL・FAX 0973−28−6269

理事長の氏名岡部 博昭おかべ ひろあき
園長の氏名岡部 裕美子おかべ ゆみこ
開所曜日月曜日〜土曜日
開所時間

平日・土曜日 7時30分〜18時30分

保育短時間の方はその中の8時間

休園日日曜日・祝日・年末年始
利用定員3号(0・1・2歳児)のみ19人
その他事業の実施状況

○延長保育事業・・・・・・保育短時間の方のみ18時30分まで

○一時預かり事業(一般型)・・・平日8時間まで(相談に応じます)

土曜日午前中4時間まで

○障害児保育事業

クラス編成すみれ組・・・0歳児
ちゅうりっぷ組・・・1,2歳児
嘱託医

内科・・・麻生小児科(☎︎24−2323)

歯科・・・酒井歯科 (☎︎23−6480)

平成29年  4月1日つぼみ保育園開設(認可外保育園としてスタート)
平成30年 11月1日事業の認可を受ける(認可保育園となる)
小規模型保育事業A型(他の保育園・こども園と同じ資格を持っている保育園ということです)
平成31年  4月1日社会福祉法人設立の認可を受ける
(社会福祉法人新玉福祉会スタート)

運営方針・・・こんな保育園に入れたい!

小さい頃どんな環境にあったか、どんな育ちをしたかで、その子の将来は大きく左右されます。

こんな大事な時を、保育園で預かる私たち保育所職員の責任は重大です。

「人として大切なことは何か?」を常に問いながら、職員一丸となり、子どもたちに愛情を持って「優しく、ていねいに、待つ保育」を実行していきます。

そして、職員が自分自身の子・孫を「この保育園に入園させたい。この先生に預けたい。」と思える保育園・保育士をめざして努力し、実現していきます。

保育の内容・・・楽しく遊びながら学ぶ

小規模保育園だからできること、0・1・2歳児でもできることがたくさんあります。

リズム遊び・絵本・制作遊び・外遊びなど・・・。

食育の一環として夏野菜やグリンピース・じゃが芋などの収穫も体験しています。

全てが遊びの子どもたち、遊びながらいろんな体験をして、できることを少しずつ増やしていきます。

また、3歳で卒園するまでに、次に入園した園で子どもたちが困らないよう、基本的生活習慣(排泄・着脱・食事)の自立をめざします。

ルーテルこども園との連携・・・卒園しても安心!

当園の近くにあるルーテルこども園(日田市三本松2丁目)と「連携施設」の契約を結んでいます。

3歳になった春には当園を卒園し、どこへ入園希望を出してもかまいませんが(日田市の「こども園・保育園利用のしおり」の「優先利用」の中に、(8)小規模保育事業の卒園児童とあります。)、希望すればルーテルこども園へ入園することができます。

屋根付き送迎用駐車場・・・雨の日の送迎がとっても楽!

雨の日の送迎は大変です。傘をさして、子どもを抱っこして、荷物をもって、たまには昼寝用の布団をもって、車と園舎を往復するのは雨が降ってなくても大変です。

でも、当園には屋根付きの送迎用駐車場が昇降口のすぐ前にあり、園舎と駐車場の屋根が繋がっています。

雨の日の送迎がとっても楽です。

しっかり噛む・・・脳、骨、筋肉の発達を促しています!

しっかり噛んで食べることの大切さは、よくご存じだと思います。

 ①唾液が出る   ⇒ 虫歯予防、消化を助ける。

 ②脳の発達    ⇒ 脳を刺激し、記憶力や集中力が高まります。

 ③骨・筋肉の発達 ⇒ よく噛むことで筋肉が働き、顎の骨に刺激と栄養を送ります。

顎の骨の成長を促し、歯並びのスペースが確保でき易くなります。

その為に、当園では、ちゅうりっぷ組の朝のおやつの前に、毎日、いりこ・するめ・昆布をしっかり噛む機会を与えています。初め、上手く噛めなかった子どもたちも、時がたつにつれて噛むことに慣れ、今では「大きいの(ちょうだい)!」と催促するようになりました。

保護者会がありません

会費の支出が無く、役員決めがありません。